Fertility treatment

大阪には不妊が沢山います

きれいな妊婦さん

現在大阪に住んでいる38歳の専業主婦です。今回は、高校からの友人の話を書きたいと思います。友人は33歳で長男を出産しましたが、その妊娠までもなかなか過酷な妊活生活をしてきたそうです。結婚してから3年間、自然妊娠を目指し妊活をしてきたそうですが、なかなか至らず四年目で大阪で不妊治療に通い始めました。
初めはタイミング法です。先生から言われた日にちに、夫婦生活をする方法。先生から言われていない日以外はしないでと言われるみたいです。それでもなかなか妊娠に至らず。 ご主人にも検査をして欲しいと言われ、旦那さんも大阪のクリニックに連れて行き、精液の検査や血液検査などをしてもらったそうです。
なんと、ご主人の精液は、3匹ほどしか動いていなかったそうです‥!漢方のお薬を出され、食生活の改善も強いられたそうです。
次のステップは、卵管造影です。卵管のレントゲン撮る際に、造影液?造影剤?を入れるのですが、卵管が詰まっている人には激痛を感じるほど。その処置をした向こう6ヶ月ほどは、すごく妊娠しやすい状態になって、妊娠に至る人もいるいるそうです。(実際に私も、それで2人目を妊娠しました。)友人は全く痛みもなく終わり、卵管も綺麗だと言われて、その翌々月に見事妊娠。
漢方、食生活改善、卵管造影、何が良かったのかは分かりませんが、結果オーライです。

大阪で不妊はしんどかったです

現在38歳、二児の母で専業主婦です。1人目を35歳で出産し、そろそろ2人目をと思って妊活を始めたのですが、なかなか出来ず、大阪の不妊専門クリニックに通い始めました。噂では賛否両論あるクリニック。先生と大げんかして帰ってきたと言う友人もいれば、通ってすぐに妊娠したよーと言う友人もいました。それは、不妊治療に限らずに、何処の病院でも合う、合わないはあると思うので気にしていませんでした。
ただ、待ち時間が長い。それはとても流行っている大阪のクリニックなので仕方ないと諦め、辛抱していました。ですが問題は会計待ちです。待ち時間に関しては、患者んがどんどん来るのだから詰まって滞るのはわかります。会計待ちは別ではないでしょうか。私も実際に、大阪クリニックの医療事務や歯科助手の経験はあります。会計では、患者さんを待たせる事は考えられないのです。10分や20分ならわかります。そのクリニックは会計でも2時間待ちとかが当たり前だったのです。このイライラで不妊になるのではないかと思っていました。
しかも、上の子を連れての通院。キッズスペースもなく、周りには不妊で悩んでいる女性だらけ。子供を連れての長期滞在も辛かったです。9時に到着して、帰るのは13時や14時になるのは当たり前でしたので、かなりしんどかったです。

大阪で不妊治療の前に、基礎体温をつける

私は生理が重く、お腹が痛すぎて嘔吐してしまうことが多くて困っていて、大阪の婦人科でよく見てもらっていました。そのときに必ず基礎体温を測って、持ってくるように言われていたので、20代始めの頃から基礎体温を測るクセがついていました。基礎体温を測っていると、生理日がわかりやすいし、私はお腹が痛くなる前に鎮痛剤を飲まないと仕事にも行けなかったので、毎日基礎体温を測っていました。
ただ、基礎体温を測って、表に記入するのが面倒になってしまった私は、大阪のドラッグストアでスマホのアプリと連動できる基礎体温計を購入することにしました。この基礎体温計は、毎朝測った体温を記憶していて、1月に1度くらいアプリと連動させると、表を自動で作ってくれたり、自分が今どんな周期で、高温期が何日でとかも教えてくれるんです。
排卵期や生理日が近づくと教えてくれたりと、至れり尽くせり!しかも、不妊で大阪の婦人科に通うときにもとても便利です。不妊治療の時に、すぐに基礎体温の表を見せることができるし、ケータイに入っていれば不妊治療で病院を訪れた際も表を忘れることもありません。私は今第二子の妊活中ですが、毎朝基礎体温をつけていても苦になりません。これで、第二子が授かれたら一番いいのですが。

不妊の治療は大阪でできるのですが、自分でできるケアというのもいくつかあります。そういった情報なども得ることができますので、あまり悩みすぎずに、まずはクリニックにご相談されることをおすすめします。


TOP

Copyright © 2016 不妊だった場合しっかり夫婦で事前に話し合い大阪の婦人科へ All Rights Reserved.